貴女の現在・未来を見通し、望みを叶える電話占い

電話占い-恵心-KEISHIN

霊能者の手記

第14回霊能電話占いで霊障を解消する方法

ここでは、霊能者が電話を通じた様々な遠隔操作によって、霊障を解消する方法についてご説明いたします。

波動修正

波動修正とは相談者の霊体バランスを霊視した上で、それを調整する霊的メソッドです。本来、霊障の除去を目的とした術ではなく、精神的な安定と癒し、またそれを通じての運気向上のために施術されますが、ときにはこの方法で副次的に霊障が除去される場合もあります。とくに下級霊の憑依を原因とした霊障は、憑依を受けている本人の霊体バランスを正常に戻すだけで解消されることが多々あり、これはいわば霊的な自然治癒力を強化することで異物(下級霊)を外に追い出すメカニズムが働くものと思われます。

念エネルギーの注入

霊能者が遠隔よりプラスの念エネルギーを照射することで、相談者の霊体を賦活させ、そのパワー(圧力)を利用して憑依、干渉してくる霊を外部へ追い出します。いわゆる「念送り」「念飛ばし」の術が使える霊能者であれば、その術を相談者本人に施すことによって、低レベルの霊障であれば速やかに解消されるでしょう。ただし、霊障を起こしている霊本体やマイナス因縁が強度のマイナスエネルギーを有している場合、念エネルギーの注入のみでは不十分です。その場合は、霊祓いに特化した諸術を行使する必要があります。

以下に挙げる術は、そうした霊祓い(エクソシズム)を目的とした専門的な祈祷術や呪術です。これを行うことができるのは、真言密教、天台密教、法華教、修験道、陰陽道、道教、神仙術、古神道などの伝統的宗教におけるお祓いの修行を積んだ霊能者が主ですが、中には独自の霊術を開発、研鑽してそれを霊祓いに応用している者もいます。

遠隔除霊

密教の加持祈祷などを適宜に執り行って、霊障を起こしている霊体を強制的に除去する方法です。動物霊の憑依や自然霊、精霊などの祟りを解消する際によく用いられます。取り除く対象の霊体エネルギーが微弱な場合は電話口で祈祷や呪術を施すだけで簡単に除霊できることもありますが、多くの場合は後日、十分な時間を掛けて除霊儀式(護摩壇を設けての火加持祈祷や祭壇での祈念)を執り行うことになります。また一部の電話占い会社では出張鑑定という形で霊能者を相談者の元へ派遣し、リアルに対面した形での除霊を請け負う場合もあります。

遠隔浄霊

霊障を起こしているのが人霊(死霊・生き霊)である場合、それを強制的に取り除く除霊という形はできる限り取らず、霊体をきちんと説得して浄化(成仏)させる形を取ります。とくに生き霊が引き起こす霊障では、霊を飛ばしている本人がこの世に生存しているため、単に除霊のみを行っても、再び新たな生き霊を生み出して害を及ぼしてくるという一種のイタチごっこに陥りやすいのでその根幹を絶つ必要があります。つまりそれは、生き霊にエネルギーを補給し続けている人物の意識に働きかけ恨みや執着の念自体を浄化・解消させて、際限のない生き霊飛ばしを止めさせるということです。なお生き霊による霊障を解決するのは非常に難しく、それができるのは霊能者の中でも数が限られています。

遠隔供養

死霊の祟りや先祖因縁などが関係した霊障を解消する方法としては、仏教的なメソッドを用いた供養という方法も多く用いられます。供養は浄霊とほぼ同義と考えても構いません。人形や、心霊写真、故人の遺品などにこもった物霊が引き起こす霊障も供養によって解消します。

上ル