貴女の現在・未来を見通し、望みを叶える電話占い

電話占い-恵心-KEISHIN

霊能者の手記

第13回霊障とは何か

恋愛の悩み、人間関係の悩み、仕事の悩みなどを電話で手軽に相談できて、問題解決のためのアドバイスや指針がもらえる電話占いは年々ニーズが年々高まっており、特にプロの霊能者による鑑定は根強い人気を誇っています。実力の高い霊能者であれば、ほとんど百発百中の精度でどのような事柄でも的中させることができますし、祈祷術や呪術、念送りの術などを用いて様々な願望の成就を強力にサポートしてくれます。そうした超人的なパワーを持つ一流の霊能者が、私ども恵心には在籍しています。しかし、そんな彼らをしても、解決することが難しいと言わしめる問題があるのです。それが霊障の絡んだ悩みの解決です。

霊障の具体例と原因

「霊障」とは読んで字の如く、霊の障り、つまり俗に言う「祟り」の現象を指します。霊障によって起きる主なトラブルは以下の通りです。

①心身ともに調子が悪くなり、物事を悲観的に考えるようになる。それによって性格が暗くなり、さらに悲観的になるという負のスパイラルに陥り、最後は自殺願望が芽生えてくる。

② 人生の万事においてツキや運に見放された状態になる。恋愛、結婚、人間関係、仕事、金銭に関わる事、ギャンブルなど何をやっても全てが裏目に出て、その不運な状態が継続する。

③様々な心霊現象や怪奇現象に遭遇する。毎夜、金縛りに遭ってその際に霊を目撃することなどが多くなる。また、金縛りを伴わない場合でも、霊の目撃やポルターガイスト現象に悩まされたり、幻聴(実際には霊の声)が頻繁に起きたりして、日常生活に支障が生じる。

④突然、人格が変容する。発作的に暴力沙汰を起こしたり、常軌を逸した行動に走ったりする。性欲を初めとする欲望が制御できなくなり、男性の場合は強姦事件を起こしたり、女性の場合は不特定多数との放埒な性的交渉に走ったりすることもある。これらの異常行動を取っている際、本人の記憶は脱落していることが多い。古来こうした現象は「狐憑き」などと呼ばれている。

こうした霊障現象は霊の祟りや憑依、または特殊な因縁によって生じます。霊障が起きる原因として挙げられるのは、

①浮遊霊、地縛霊、動物霊などの下級霊の憑依

②自然霊、精霊、神仏(正確には神社や仏閣に住まう眷属霊)の祟り

③先祖などに関わるマイナスの因縁

④生き霊の憑依、干渉

などです。霊障は誰にでも起こりえるものですが、特に霊感体質の人や精神的に弱い部分を持っている人などが被害者となりやすい傾向があります。逆に霊や霊界の存在などを全く信じず、万事において唯物論的な考えをする人、あるいは強い信念を持って力強く生きている人には起こりにくいとも言われています。

電話占いでも霊障は解決できる

自分の身に起きているトラブルや災難が本当に霊障に拠るものなのかどうかの判定を含めて、その解決にはお祓いのできる霊能者の助けが必要になります。ただ、こうした人物を実際に探すのはなかなか難しく、運良く見つかったとしても霊能がインチキであったり、実力が不足していて祓いきれなかったり、法外な祈祷料を請求されたりすることがあるので注意が必要です。その点、恵心には、お祓いや祈祷ができる(浄霊・除霊・因縁解消)実力派の霊能者がいます。彼らは実際に対面することなく、電話でのやり取りのみでお祓いや祈祷を請け負っています。

霊障が絡んだ問題の解決は難しいと書きましたが、高度な能力を有する実力派の霊能者であれば、決してその限りではありません。少なくとも私ども恵心の霊能者たちにはそれができます。ご自分で霊障を疑っている方、家族を含めて身近にいる人がそうなのではないかと不安に思っている方は、ぜひ霊障実例のページで取り上げている霊能者にご相談されることをお勧めいたします。

上ル