貴女の現在・未来を見通し、望みを叶える電話占い

電話占い-恵心-KEISHIN

霊能者インタビュー

第5回 宮浦先生霊視で現状を言い当て、魂の状態を整え、最適な占術で成就へ導く

恵心スタッフ宮浦先生、本日はお忙しい中、ありがとうございます。

宮浦先生 いえ、こちらこそよろしくお願いします。


恵心スタッフさっそくですが、最近鑑定を行なっていて気付いた点や、何かしら傾向のようなものは見受けられますか?

宮浦先生 そうですね。全般的に恋愛に関するお悩みが多いのは変わらないのですが、それとは別に、結婚に関する相談が増えていますね。間違いありません。これには幾つか理由が考えられます。1つは世間一般的にも言われている晩婚化。それから、経済的な理由からなかなか結婚に踏み切らない男性が増えていること。さらには、ネット上のコミュニケーションが盛んな反面、現実の場で男女の出逢う機会が減っていること。主にこのような理由から相談される方が急増しているように感じます。


恵心スタッフ相談者の大半は女性の方なのですよね?

宮浦先生 はい、女性です。


恵心スタッフということは、多くの独身女性はやはり結婚したがっているということでしょうか?

宮浦先生 その通りだと思います。いわゆるアラサー女性から結婚の相談を受けることは、これまでも多かったのですが、最近顕著なのはアラフォー女性から同様の相談を寄せられるケースが増えているということですね。その中には離婚歴のある方も少なくありませんし、さらには別れた前夫と復縁したいという方もいらっしゃいます。要するに、ひと口に結婚に関する相談といってもその内容は多様化しているというわけです。


恵心スタッフそうなると、先生の鑑定方法も以前とは変わってきているのでしょうか?

宮浦先生 必ずしもそうとは言えません。たとえば早く結婚したいのに相手が見つからず、出逢いもない。そんな相談者には、未来を透視した上で出逢いの有無を確認し、出逢いが見えた場合は、そのシチュエーションを正確にお伝えする。見えなかった場合には言霊や縁結びといった占術をもちいて、その方に出逢いを呼び込む。確かにこうした鑑定方法をもちいるケースが最近増えているとはいえ、以前から何度も行なっていたやり方でもあります。あるいは、なかなかプロポーズしてこない交際相手の守護霊と直に交信して彼の真意を汲み取り、結婚に至る時期を把握する。その上で、場合によっては霊能力を使って結婚時期を早めるといったケース。こちらに関しても同様です。そうした意味では、確かに細かな違いはあれど、私が行なっている鑑定のやり方は昔から変わっていないと言えます。霊視・透視によって、可能な限りご相談者やお相手に関することを正確に見抜き、最適な占術を駆使して願望成就へと導く。この方法で膨大な数のご相談者の問題を解決し、願いを叶えてまいりました。


恵心スタッフそれは、いわば宮浦先生が確立した1つの霊能技法というわけですね?

宮浦先生 そういう言い方もできるかもしれません。また同時に、結婚願望が強い相談者の心というのはたいてい非常に焦っている状態で、“早く結婚しなければ”といった強迫観念に駆られています。ですから、乱れている魂の状態を整えることも必要になってきます。この、魂の状態というものは、願望を成就させるうえでも重要な要素になってくるのです。“当てる”“叶える”に加えて、鑑定の際はこの点にも注力していますね。


恵心スタッフ分かりました。最後にメッセージをいただけますでしょうか。

宮浦先生 私に鑑定を依頼される方の中には、自分に出逢いが訪れないのは、男性との縁がないからだと思い込んでいる方が多数いらっしゃいます。しかし、男の人とまったく縁がない方など1人として存在しません。何らかの理由で障害やすれ違いが生じ、その縁を感じられなくなっているだけなのです。私にご相談いただければ、そのような“不具合”をすべて解消し、出逢うべき相手、結ばれたい相手との縁を繋ぎ、貴女が望むような関係へとお導きします。叶えられない願いなどないとお考えください。私の鑑定を受けていただければ、そのことを理解していただけるはずです。

上ル