貴女の現在・未来を見通し、望みを叶える電話占い

電話占い-恵心-KEISHIN

心霊・霊能相談室

第24回 宇流磨先生生まれて初めて霊を見てしまった私……

岐阜県各務原市 啓子さん 35歳

夏休みに家族で行楽に出掛けた時、車のナビの不具合で山道に迷ってしまい、異様な雰囲気の場所にたどり着きました。雑木林を切り開いた敷地に、朽ち果ててほとんど骨組みだけになった工場らしき建物とバラックのようなプレハブが建っており、近辺の草地には廃車が何台も放置されていました。雨曇りの夕刻で薄暗かったせいもあり、小学生の息子は気持ちが悪いと言ってたちまち半べそ状態。それをなだめる私も、周囲を覆う重苦しい空気に思わず息が詰まりました。

(何だかこの場所、おかしい……)

運転席の主人が「とりあえず元の分岐点まで引き返そう」と、車をUターンさせたのですが、前輪が溝穴に落ちかけて停まり、その瞬間、目の端に白い影が飛び込みました。それは工場の骨組みの影から、いきなり飛び出してきました。大きさは背の高い大人くらい。全身が真っ白で鳥とも獣ともつかない姿で、地上から1メートルほどの高さに浮き上がったかと思うと、そのまま旋回し始めました。

「パパ、あれ何?」

私が指差すと、すぐに主人も同じ方向を見ました。しかし、2人から「何も見えない」と言われたのです。

「あのフワフワ浮いてる白いのが見えないの?」「何言ってるんだ、おまえ!急に変なこと言うなよ。子供が怖がるだろ!」と、押し問答に。

「ほら、あれよっ。よく見て!」言いながらまた目を向けると、いつの間にかそれは車から数メートルの所にまで近づいており、縦長の影の真ん中に不気味な女の顔が張り付いているのが分かりました。ほぼ同時に車が発進し、何とか逃げることができたのですが、走り始めてもしばらくは震えが止まりませんでした。ちなみに私は霊感体質などではなく、霊の類を見たのはそれが初めてです。

また後日、迷い込んだ工場跡地についてネット検索してみたところ、現地では心霊スポットと噂されていることまで分かり、あらためて青ざめました。自分が見た物が本当に霊だったのか、もしそうだとしたらそれを見てしまったことで何か悪いことでも起きないかと心配です。

宇流磨先生の鑑定

心霊現象に遭遇されたという場所のおおよその住所を教えていただき、ネットの地図で調べてみました。すでにご自身でもお気づきかもしれませんが、そこへ辿り着く直前までご一家の車が走っておられた県道からはかなり外れており、しかも本来故障しにくい機器であるはずのナビが一時的に不調になるなど、不自然な出来事が重なっています。つまり、霊に呼ばれた可能性も否めないのです。

さらに遠隔霊視させていただいて、啓子さんご自身、実はかなり強い霊媒体質者であるということが判明しました。霊を見たのは初めて、と書かれておられますが、あなたは非常に勘の鋭い方ではないでしょうか。霊媒体質であるからと言って、霊を見やすいとは限らないのです。中には霊自体は見えないが、虫の知らせや予知夢、金縛りといった現象はよく起こるという方もおられます。

さて問題の白い影ですが、これはかなり強い念を秘めた邪霊です。元々はこの工場跡地の近くで自殺した女性の霊だったのですが、そこへ複数の自然霊や動物霊が合体して、魑魅魍魎に近い存在と化しています。元々、この付近一帯は古神道などで言われるケガレチ(風水的に見て、気の状態が芳しくない地勢・場所)に該当しており、それが霊体のマイナスエネルギーに拍車を掛けている節も窺えました。エネルギーの強い霊体というのは何かにつけて可視化しやすいので、それが原因で心霊スポットと噂されるようになったのかもしれませんね。

この邪霊は仲睦まじいご家族の姿が羨ましく、あわよくば憑依してやろうと考えて誘い込んだようです。が、幸いその目論みは失敗しており、邪悪な念波を飛ばされている痕跡も見えませんので、とくにお祓いや除霊などの必要はないでしょう。ただ、先方には一度目を付けられておりますから、今後、その場所付近へ再び行くことだけはくれぐれも避けてください。またそれでもなお気になるということであれば、お住まいから近い大きな神社へ車で乗り付け、その車ごとお祓いをしていただければ万全です。

相談者のその後

回答を読んで驚きました。おっしゃる通り、私は子供の頃からよく予知夢を見ており、父方の祖母や母方の祖父が亡くなった日も、事前にそれが分かっていたということがありました。霊は見えないが霊媒体質、ということはこれからも胸に刻んでおこうと思います。つい先週、隣町の有名神社へ家族で出掛け、自動車のお祓いをお願いしました。形としては交通安全のお祓いだったのですが、終えた後は不思議と気持ちが明るくなりました。先生の助言を信じ、もう気にしないようにします。

上ル