貴女の現在・未来を見通し、望みを叶える電話占い

電話占い-恵心-KEISHIN

鑑定体験談

伽翠先生東京に単身赴任している夫に浮気の疑惑が……。真偽を確かめたいと霊視を依頼しました!

大阪府吹田市 徳倉由希子さん 38歳

昨年の秋、サラリーマンの主人が東京へ単身赴任となったのですが、こちらも正社員として勤める身であるため、向こうの下宿へ世話をしに行けるのは月に1~2回程度、また主人もそう足繁くは帰れませんので、家族全員が揃うのは毎月数えるほどという生活が続いています。

そんな中、1人暮らしの夫が浮気をしているのではないかという疑念が生じ、しばらく悩んだ末、恵心さんにご相談させていただくことになりました。当初は親しい女友達にこのことを打ち明けたのですが、「ただ疑ってモヤモヤしているだけじゃラチが明かないから、事実かどうかをきちんと調べるべき」と言われ、「そんなん、興信所に頼むしかないやん」とぼやいたところ、その前にやれることがあると言って教えてくれたのが伽翠先生という存在でした。

それが霊能者と聞いた時には、何を馬鹿な!と目を剥いてしまったのですが、その女友達自身も以前からよく同じ先生に相談をしているらしく、「とにかく凄まじいほど当たる人だから、騙されたと思って試しに……」と説得され、次第に心が動きました。

電話での第一印象はごく普通の人で、予想していた怪しげな雰囲気は微塵も感じず、かえって拍子抜けするほどでした。ただし女友達が言っていたように、霊視の実力は半端ではなく今、思い出しても身震いがします。まるで業務連絡でもするように淡々と話が進み、こちらが一通りの事情を言い終えると、実際に見てみましょうということになり、向こうの様子を色々と教えてくれたのですが、その際に飛び出した言葉の数々に度肝を抜かれました。

「会社で借り上げた部屋に住んでいるようですね。一戸建てに囲まれた低層マンションの2階か3階で、ここは恐らく角部屋ですね。日当たりの良いベランダで煙草を吸っている男性の姿が見えます。背格好は中肉中背で、目がかなり悪い方ですが、メガネではなくコンタクトを常用されていますね。室内のリビングに置かれたパソコンデスクの端に、ご家族の写真が並んでいる光景も見えます……」などと、先生の口から出た夫の特徴、さらに1人住まい室内の描写は細部に至るまで逐一当たっていました。もちろん、こちらは何も申してません。

「ご主人が泊まりがけで帰宅される際、スーツに仄かな残り香が漂っていたというのが疑惑を抱いたきっかけでしたね。これは赴任先の事務所の女性スタッフが付けている香水です。もちろん、疑っていらっしゃるような関係ではありませんし、たまたまご主人の外回りに彼女も同行することが多いので、そのうちに匂いが移っただけでしょう。もし当人に確認するのが気まずいのであれば、一度ご主人の職場を訪問して、ご自分で確認されてはいかがですか?」

その助言に従い、有給の休みが取れた日、口実を作って東京の事務所へ向かいました。すると先生がおっしゃっていた通り、そこで主人から紹介された同僚女性の1人が、私が嗅いだフレグランスと同じ香りを身にまとっていたのです。勤務時のお化粧や服装に関して、かなり寛容な職場であることを我が目で確認し、ようやく疑惑を払拭できました。

上ル