貴女の現在・未来を見通し、望みを叶える電話占い

電話占い-恵心-KEISHIN

鑑定体験談

好主先生義理の妹が私の前夫と駆け落ちしました。なぜか私が親兄弟から責められ……

三重県津市 高野貴里子さん 36歳

事情があって、5年前に離婚した前夫の所在を確かめる必要が生じたのですが、先方とは離婚直後から全くやり取りがなく、久しぶりに掛けた電話もすでに使われていない番号でした。続いて前夫の実家への連絡を試みたものの、こちらもとうの昔にどこかへ転居済み。戸籍謄本などから現住所が分かることがあると聞いたものの、素人では調べ方がさっぱり分からず、この時点でギブアップとなりました。

こうなったら興信所に頼むしかないと思っていたのですが、知り合いから「人の居場所を見てくれる霊能者がいる」と教えてもらい、試してみることにしました。それで、話の中で名前が挙がっていた好主先生に鑑定を依頼したというわけです。(もし、これで上手く行けばお金が浮いてラッキー!)くらいの気持ちでした。とにかく実際にその能力を確かめてみました。

「行方不明者の所在を確かめる場合、探している本人の魂を降ろして、会話の中で手掛かりを得る方法と、その人物に関わる何人かの人間を辿って客観的に行方を確認する方法があります。従来の霊能者は前者の方法で人探しをしていたのですが、これでは漠然とした情報しか掴めませんので、後者の透視する方法で調べたいと思います」そう言うと先生は電話の向こうで沈黙し、やがて「三十代の派手な身なりの女性が見えているのですが、これはどなたでしょうか?」と訊ねてきました。

義妹に違いないと思ってその旨を伝えると「探している男性とこの女性は今、一緒にいますね」と断言され、驚愕しました。じつは前夫が私の弟の妻である義理の妹と駆け落ちしてしまい、それが原因で実家が大騒動となっていたのです。どういう事の成り行きでそうなったのかは分からないのですが、両親と弟から「あんなロクデナシと一時でも結婚していたおまえも同罪だ」となじられ、とても苦しんでいたのです。でも好主先生にはそうした込み入った事情は一切お話ししておらず、まさに本物の霊能者でなければ出てこない一言でした。

これで一挙に信頼を強め、「多少、鑑定料がかさんでも構わないから。具体的な居場所まで透視してほしい」とあらためてお願いしました。すると先生は「規定の料金以外はいただきません」と前置きした上で、前夫の所在について様々な情報を与えてくれました。「お探しのお2人はすでに関東へ移動していますね。スカイツリーが間近で見えていますので、恐らく東京都内の下町方面で暮らしているはずです。これ以上の詳細な情報を透視だけで得るのは難しいので、後は具体的な居場所についての鍵を握る人物に当たっていただくしかありません」

そう言うと、都内で1人暮らしをしている義妹の親戚男性と接触するよう助言してくれました。翌日さっそく、その男性の連絡先を調べて電話をすると、最初のうちは必死にとぼけていましたが、やがて前夫と義妹が潜伏している場所を白状したのです。弟を伴ってその日のうちに上京し、教えられたアパートで2人と会うことができました。この騒動自体の終息はまだほど遠い状況ですが、とりあえず助かりました。好主先生、お手間を取らせました。

上ル