貴女の現在・未来を見通し、望みを叶える電話占い

電話占い-恵心-KEISHIN

鑑定体験談

伽耶奈先生「今度こそ、運命の相手です!」と背中を押してくれた伽耶奈先生

茨城県つくば市 滝川礼子さん 32歳

昨年、婚約解消というショックな出来事に見舞われ、身も心もズタズタになりました。原因は婚約者の女性関係です。彼とは20代の終わりから3年越しの付き合いだったのですが、結納をかわしたほんの数日後に知らない女から電話がありました。その女から告げられたのは、「私、あの人の子を身ごもっているんです。お願いだから身を引いてください」という信じがたい言葉。その日のうちに婚約者と会って問い詰めると、さんざん言い訳をした挙げ句に、渋々事実を認めました。私と付き合う直前まで、たまに会っていた相手だったそうです。いったんは別れたものの、たまたま街中で再会して一夜の過ちを犯してしまったと言っていました。「お互い遊びのつもりだった」とうなだれた男の顔に、グラスの水を引っ掛けてその場を去りました。

その後はしばらく地獄が続きました。婚約破棄のことが同僚たちの間に知れ渡ってしまった職場を去り、実家に引きこもって泣きながら過ごしていました。そんな私の姿を見かねた姉が「ここに相談してみたら楽になるかも」と言って、教えてくれたのが恵心だったのです。姉は東京で雑誌編集の仕事をしているのですが、前に担当していた女性誌で当たる霊能者・占い師特集をしたことがあり、何ヶ月にも渡って数百人の霊能者に取材したそうです。その時、的中率の高さと相談客の心のケアが抜群に飛び抜けていたのが恵心に在籍している伽耶奈先生だったと言っていました。「はっきり言って、テレビなんかによく出るSとかEとか、あの人の足許にも及ばないと思う。本物は表に出てこないっていうけれど、それって本当なんだって分かったわ」。当時は誰とも話したくないという気持ちだったのですが、姉の話に少しだけ興味が湧き、その日の晩に鑑定を申し込んでみたんです。

電話で実際にお話しした伽耶奈先生は話し方も声の雰囲気も、ごくごく普通の感じの人でした。しかし、いったん霊視に入るとその当たり方は尋常ではありませんでした。私と前の婚約者の馴れ初めを、まるでそこにいて見ていたかのように正確に語り始めたのです。これには心底、驚かされました。

「前の男性とは、共通の趣味を通じて知り合ったんですね。ああ、コートでラケットを振る様子が見えました。テニスですね」そう言うと先生は一人納得したようにウンウンとうなずき、さらにこう告げてきたのです。

「あなたにはテニスを通じて、愛の幸福を掴む暗示が出ています。この際、最悪の記憶は水に流してもう一度、テニスをやってみたらいかがですか」
その言葉に動かされ、半年以上休んでいたテニス教室に再び通い始めたところ、それから3ヶ月後に新たな出会いがあったのです。相手はテニスの腕前がセミプロ級で、実家の会社経営を手伝っている、見た目も素敵な年下男性です。「今度こそ、本物の運命の相手です」という伽耶奈先生のお墨付きをもらって現在、その男性とお付き合いしています。どん底から一転して、心躍る毎日が続いています。

上ル