貴女の現在・未来を見通し、望みを叶える電話占い

電話占い-恵心-KEISHIN

鑑定体験談

豊田真龍先生占い師の友達に勧められて、霊能鑑定初体験!

埼玉県加須市 吉羽香津美さん 34歳

高校時代の友人に霊感の強い女の子がいて、その後、プロのタロット占い師になりました。以前からその子に運勢を見てもらったり、色々と相談に乗ってもらったりしていたのですが、ある時、「私なんかよりずっと当たる人がいるよ」と言われて教えてもらったのが、恵心の豊田真龍先生でした。電話で運勢を見てくれる先生とのことで、占い師ではなくて霊能者であると説明されました。「この仕事をやっている私が言うのも変だけど、的中率で言ったら普通の占いより霊能占いの方がずっと当たるよ。まあ、それも実力によりけりだけれど、豊田真龍さんの霊感はちょっと桁違いかな」。同業者がそこまで誉める霊能者というのは、実際どんな人なのかと興味が湧き、さっそく鑑定してもらいました。

「こんにちは。今いきなり転倒したバイクが見えたのですが、最近、交通事故などに遭われましたか?」電話がつながっての第一声がそれでした。言われた途端、背筋が寒くなってしばらくは返答すらできませんでした。じつは私は、その1週間前、スクーターに乗っていて車との接触事故を起こしていたからです。幸い大した怪我ではありませんでしたが、ささいな過失を問われて警察や保険会社と揉めていたのです。このことを先生に尋ねると、「事故の時、あなたに過失がなかったことは私の目にもはっきり見えていますが、警察の事故処理の関係で思い通りの賠償とはならないと思います」とのことでした。

いきなり事故について正確に当てられたことで、本物の霊能者であると強く実感し、その後は基本の鑑定時間いっぱいを使って色々なことをご相談しました。主に仕事のこと、それから私的な対人関係のことだったのですが、全部言われた通りの展開になりました。

例えば前から気になっていた秋の人事異動については、「転属を機に信頼できる上司の下で働けます」との言葉通り、希望していたベテラン課長のいる部署で働けるようになりましたし、「配置換えでそこの署内の人員が増えるので、仕事はこれまでよりずっと楽になるでしょう」とも言われ、これもその通りでした。

また付き合うかどうか迷っていた相手に関しては、「向こうからさらに押してくるから、もう少し焦らした方が良いですよ。その方が彼の本気度も分かるから、あなたも安心してお付き合いできるでしょう?」とアドバイスされて、その通りに返答を保留していたら翌週、自宅に巨大なバラの花束が届きました。男の人からバラを100本もプレゼントされるなんて生まれて初めての体験だったので、ちょっとテンションが上がってしまいました(笑)。

なお事故の件も、霊視してもらった通りの結果でした。これだけことごとく当てられてしまうと、さすがにちょっと怖い気持ちにもなったのですが、豊田先生自体はとても温厚で優しそうな方なので、これからも何か起きた時には真っ先にご相談するつもりです。

上ル