貴女の現在・未来を見通し、望みを叶える電話占い

電話占い-恵心-KEISHIN

鑑定体験談

豊田真龍先生結婚の悩みで相談したら、身内が事故に遭っていると告げられて……

千葉県松戸市 山崎芹菜さん 35歳

派遣先の事務所の男性社員から求婚されたのは、半年前のこと。お付き合いを始めた当初から、この先、死ぬまでこの人と一緒にいたいと心から願っていましたので、即座に承諾しました。

ただひとつ問題だったのは、彼が私より10歳年下だったことです。話を知った向こうのご両親の猛反対に遭い、うちの両親も「こんなことじゃとても幸せにはなれないから、今回は諦めて歳の近い相手を探した方が良い」と言い出す始末。そのうちに肝腎の彼自身の気持ちも揺らぎ始め、思い余って恵心にご相談しました。 担当していただいたのは、豊田真龍さんという霊能者の先生でした。この先生の鑑定を受けるのはその時が初めてだったのですが、ネットやリアルの口コミで「的中率の高さがとにかく凄まじい」という噂を耳にしていたので、その興味も手伝って指名させてもらいました。

電話がつながり、さっそく悩みの内容を話そうとすると、「ごめんなさい、ちょっと待ってください」といきなり制止されました。「今、中年の女性が交通事故に遭う映像が頭をよぎったのですが、これは恐らく貴女と深い関わりのある方です。お母様や叔母様がいらしたら至急、安否を確認してください」そう言われ、慌てて相談を中断して実家と連絡を取りました。しかし、母は無事でした。

すぐに先生との電話に戻り、このことを伝えたのですが、「そんなはずはありません。ショーカットで痩せていて、わりと背の高い女性です。心当たりがあるはずです!」と再度強く促されたのです。そのうちに私はハッと思い当たり、「もしかしたら今、結婚を考えている相手のお母さんかもしれません」と告げました。以前、彼からスマホの画像データーに入っている家族の写真を見せられたことがあるのですが、先生から伝えられた描写と向こうのお母さんの容姿が共通していることに気づいたのです。

その後は慌ただしい事態となりました。「お袋はさっき、近くのスーパーへ買い物に出掛けたよ」とのんびりした答えを返してきた彼に、「すぐに後を追いかけて!」と伝え、私もタクシーを飛ばして彼の家へ向かいました。先方に到着すると彼の弟さんが出迎えてくれて、「貴女に言われた通りにしたら、母が途中の道端で倒れていました。今、兄と父が付き添って救急車で病院へ向かっています」と。

もし彼が後を追わなかったら、取りかえしの付かないことになるところでした。両側に畑が続く人気のない道路を自転車で走っていたところ、後ろから来たバイクと接触して跳ね飛ばされ、バイクの方がそのまま逃げてしまい、当人は頭を打って意識を失った状態だったそうです。もう少しでも発見が遅れていたら、植物状態になる危険もあったとのことでした。

この一件がきっかけで向こうのご両親との深い絆が生まれ、おかげさまでつい1ヶ月ほど前に入籍を済ませました。相談する前に勝手に悩みが解決したという感じではありますが、いずれにしても豊田先生の卓越した透視能力のおかげだと深く感謝しています。

上ル